ルックフォー倶楽部(求職者編)

  • 歯科衛生士ってどんなお仕事?

    歯科衛生士のお仕事は、歯科医師の指示のもとで行う歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つがメインです。清潔で歯並びのよい歯は、見た目に美しいだけでなく、体全体の健康にも好影響を及ぼします。歯科衛生士の仕事は、ただ歯を美しくするだけにとどまらず、体全体の健康増進を手助けすることにあります。歯科衛生士とは、白い歯だけでなく、健康的に輝く笑顔も作る職業です。
    1.歯科予防処置
    口の病気は、大きく分けて『むし歯』と『歯周病』です。この二つが歯科の二大疾患といいます。この口腔の二大疾患を予防するのが歯科衛生士の業務です。むし歯の発生を防ぐには、歯にフッ素を塗って歯の質を強くしたり(フッ化物塗布)、健康な歯の溝にプラスチックを埋めるなどの処置を行います。また、歯に付着する硬い歯石はプラーク(細菌の塊)のすみかとなり、歯肉炎を引き起こすので、この口腔内の汚れを専門的にスケーラーという器具を使って除去する「機械的歯面清掃」などこうした歯科予防処置は、歯科衛生士だけの独占業務です。
    2.歯科保健指導
    むし歯や歯周病などの歯科疾患は生活習慣病です。健康な状態を維持するには、治療よりも予防、さらに本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、歯科衛生士はその人が適切な歯科保健行動をとることができるように、専門的な立場から患者さん一人ひとりに合わせたアドバイスを行います。幼児期から更年期までの各ライフステージにおいて、また、健康な人、病気や障害のある人など、すべての人に必要な支援です。むし歯や歯周病の原因菌がすみつく磨き残しの汚れをなくす歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導、食育支援、禁煙指導なども行います。また、高齢者におこなわれる口腔機能向上のための摂食、嚥下機能訓練は歯科保健指導の分野として注目されています。また、学校、保育園、施設などで健康教育も行います。
    3.歯科診療補助
    歯科診療が安全かつスムーズに進められるようにサポートする業務です。歯科診療は、歯科医師を中心に「チーム医療」を行っています。歯科衛生士は、歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するなど歯科医師との協働で患者さんの診療にあたります。必要な診療器材の準備や診療室内の環境整備などの仕事もあります。また、歯科医師と患者さんとのコミュニケーションに配慮し、信頼関係に基づく心優しい歯科医療を行うために、患者さんの精神面のケアも担当します。直接患者さんの口の中を触れて行う処置で診療の効率をアップさせます。
  • 歯科衛生士の活躍するフィールド

    現在、歯科衛生士の職域は広がり、様々な分野で期待されている職業です。また、結婚や出産などで現場から離れていても仕事復帰がしやすく、注目されています。また、歯科衛生士として、現場で5年以上勤務すれば、試験と実務研修を経た上で、ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格も取得できます。 写真3
    1.歯科医院
    歯科医師のアシスタント業務やむし歯や歯周病を予防する仕事があります。90%以上の歯科衛生士は歯科医院で働いています。
    2.大学病院、病院内歯科
    入院患者の口腔ケアを行うことで、誤嚥性肺炎の予防や軽減ができます。口腔の機能訓練やリハビリ、口から食べる為の働きを回復させます。
    3.審美歯科
    美容や歯の健康維持の為、歯のクリーニングや歯を白く綺麗にするホワイトニングを行います。
    4.在宅医療
    障害をもっている方や高齢で介護が必要な方のお宅へ訪問し、質の高い口腔ケアを提供することで、健康の維持や回復のサポートも行います。
    5.保健所・保健福祉センター
    地域の人が健康に過ごせるように相談を受けたり、口腔内の健康をいいするための指導を行います。
    6.高齢者施設・障害者施設
    各施設で専門的な口腔ケアや摂食機能訓練を行い、生活の質の向上をはかります。
    7.歯科関連企業
    歯科用品の紹介やセミナー、研究や製品開発などを行います。
    8.歯科衛生士養成校
    歯科衛生士を育てる為に新しい知識や技術を教えます。
  • 勤務する職場は、どんな環境がいい?

    歯科医療は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付とのチームワークのなかで行われる「チーム医療」です。特に、歯科医師と歯科衛生士は、患者さんの目の前で共同して仕事をするのでお互いが理解しあっていないと、本当の意味でのチーム医療ができません。また、現在の日本では歯科衛生士には「開業」は認められていないので、歯科衛生士が歯科医療にかかわるには、どこかに勤務しなくてはなりません。納得いく働き方をするならば、自分の勤務しようとする医院の「医療理念」と「院長の性格、考え方」を把握してください。 以下にあげるものは、歯科衛生士に人気のある職場です。
    • ・休みがしっかり取れる
    • ・納得のできる給与体系
    • ・人間関係が良好・院長が嫌な事をスタッフ任せにしない。
    • ・産休、有給休暇が堂々ととれる。
    • ・医療理念がわかりやすい。
    • ・医院が活気があり、患者様と信頼関係が築けている。
    • ・スタッフが同じ価値観で働いている
    • ・コミュニケーションが図れている職場
    • ・プライドを持って働ける。
    • ・自分の意見が通る。
    妥協せず、自分にあった職場環境を粘り強く見つけてください。
  • 勤務開始最初の1週間

    1.まずは挨拶!
    さわやかに大きな声で挨拶をすることは非常に大事です。朝、スタッフと顔を合わせたらまず自分から挨拶をしましょう。相手の目を見て笑顔で挨拶しましょう。新人は、まず自分のほうから、素敵な挨拶をしてください。
    2.注意深く繊細な動作を
    診療室でまず守ってほしいルールは「静かに行動する」ことです。歩き方は、ドタバタ足音を立てないようにしましょう。引き出しやドアを閉める場合も音を立てないようにしましょう。 写真5orイラスト
    3.清潔に!
    綺麗な状態を維持する。患者様は、清潔な医院を選びます。清潔、整理、整頓は医院のもっとも大事な基本です。また、身だしなみや口臭にも気を使ってください。診療室で着るユニフォームはいつもシミ、シワ、汚れがないようにしましょう。髪の毛は、長い場合は一つにまとめて整えます。派手なゴムやピンは避けて、濃色のゴムやピンを使用して清潔感のある髪型にしましょう。爪は短く切って整え、マニキュアは避けます。お化粧は、やわらかい印象を与えるようにします。身だしなみや言葉使いはその人の人柄や品位を表します。
    4.患者様への対応の仕方
    患者様への対応は、親近感、信頼感を得る為に、笑顔で明るい声で丁寧な言葉使いで親身になって対応しましょう。患者様は、新人であってもプロフェッショナルとして受け止めます。特に言葉遣いは、正しくきれいな言葉を心がけましょう。人は、第一印象が非常に大事ですので信頼関係を構築する上で、正しく綺麗な言葉遣いで話すことは相手に対して敬意を表すことであり、あなたへの高い評価にもつながります。
  • 歯科衛生士としてスキルアップ!専門的な知識をもつ認定歯科衛生士

    歯科衛生士資格は更新などが無いため、一度取得すれば一生利用することができる永久資格です。業務の経験を積む以外のキャリアアップの方法として、認定歯科衛生士という道があります。

    ホワイトニングコーディネータ

    日本歯科審美学会が行っている認定制度のホワイトニングコーディネータです。歯は食事をするためには不可欠ですが、言葉を話す時にも必要であり、歯の清潔さなどにより相手に与える印象も変わります。歯医者にて行うオフィスホワイトニング、自宅にて自分で行うホームホワイトニングがあります。手頃な料金で行う歯医者も増えており、薬剤を使うホワイトニングの場合は歯科衛生士がメインとなるため、経験と共に確かな知識を持っている歯科衛生士が求めてられています。

    審美学会歯科衛生認定士

    日本では歯医者といえば治療をする所というイメージでしたが、最近では定期健診を受けたり、歯石取りによる歯周病予防、歯並びを治す矯正、ホワイトニングなど、見た目も綺麗にするという人が増えてきてます。その認定資格をもった歯科衛生士です。歯を綺麗にするということは、そのまま歯の健康を保つということに繋がります。

    インプラント専門歯科衛生士

    最近では、インプラント治療が非常に増えています。インプラントを専門に行う治療の専門歯科衛生士です。治療補助やメンテナンスには専門的な知識を必要とすることから、インプラント治療3年以上の経験、学術大会や講座への参加、試験の合格、インプラント専門医からの推薦など、厳しい条件をクリアしなければ認定を受けることはできません。認定を行っているのは日本口腔インプラント学会であり、認定を受けるには学会正会員である必要があります。

    日本歯周病学会認定歯科衛生士

    歯周病は、歯を失う危険性が高く、様々な病気の原因ともなり、国民の8割がかかっているとされる病気です。日本歯周病学会が認定を行っており、5年以上の歯周病治療に携わっている経験と、学術大会・講習会への参加、ケースプレゼンテーションによる試験合格という条件があります。

    歯並びコーディネーター

    歯科衛生士だけではなく、歯科助手でも認定を受けることが出来ます。歯並びが悪いということは、歯の基本機能である噛むということが正しくできていない可能性があり、食事から得られる健康はもちろん、力をいれる際の「歯を食いしばる」という行為もできなくなります。日本成人矯正歯科学会が認定を行っており、参加資格の無い講習と、その日に行われる審査試験に合格することで比較的簡単に認定を受けることができます。

    矯正歯科衛生士

    歯の矯正といえば幼少期から永久歯が生えそろう中高生までと思われがちですが、大人でも歯の矯正を行う人が増えています。日本成人矯正歯科学会では、治療に長期間を要する矯正治療に関して、メンテナンスなどの専門的な知識を有している歯科衛生士に対して認定を行っています。学会会員3年以上の経験と共に、矯正を専門的に行なっている医療機関、また大学病院などにおいて3年以上の経験が認定を受けるためには必要となります。

    専門性が証明される認定歯科衛生士

    歯科衛生士の仕事は現在では様々あります。専門性に特化した治療を行うことで、差別化を図る歯医者が増えており、歯科衛生士にも同様に専門的な知識が求められることが多くなります。すでに歯科医院によっては予防措置や保健指導に力を入れ、専属の歯科衛生士を配置している歯医者などがすでにあります。
  • PickUp!!!

  • エリア特集 – 神奈川県

  • 会員登録

    歯科医院様求人掲載申込

  • 生野区の歯科医院

    生野区の歯科医院

    生野区の歯科医院

  • 熊谷市の歯科医院

    熊谷市の歯科医院

    熊谷市の歯科医院

このページのトップへ